「ひろの」の徒然日記帳 [IT tools, programming, software and more...]

プログラミング、ITツール、人工知能等興味のあることを徒然と書きます。Microsoft好きです

GitLabとSlackの連携

ひろのです。

水曜日は定時退社日です。
定時でほぼ帰ることも出来るのですが、何かキリのいいところまで
やろうとするとついつい遅くなってしまいがちです。
今日は家族サービスも考えて早めに帰宅しました。

新しいドラマも始まって、家でゆっくりしています。
あけていなかったワインもあけて、心地いい時間を過ごしています。


今回は社内のGitLab利用をしつつ、Slackに通知される方法を記載します。
GitLabでは標準でSlack対応しているので少しの手順で通知が可能です。

Slackについては別途記載しました。
ino-hiro1012.hatenablog.com


1. SlackにてWebHookの設定

  1. クライアントアプリもしくはブラウザ上のSlackからチーム名を選択し、「Apps&Custom Integrations」を選択します。
  2. 右上の「Build your own」を選択します。
  3. Something Just for my team の Make a Custom Integrationを選択します。
  4. Incoming WebHooksを選択します。
  5. 通知したい対象のチャンネルを選択し「Add Incoming WebHooks Integration」を選択します。
  6. WebHook用のURLが発行されます。

2. GitLabにて発行されたURLの設定

  1. GitLabのプロジェクト設定から「Services」「Slack」を選択し、WebHookのURLを設定します。


以上で完了です。

Git上にてコミットした内容がSlackに自動で通知されます。