「ひろの」の徒然日記帳 [IT tools, programming, software and more...]

プログラミング、ITツール、人工知能等興味のあることを徒然と書きます。Microsoft好きです

Aginity’s Workbench for Redshift 導入方法

いのひろです。

4月から新しいことを一緒に始めているメンバの人がいるので、
なかなかお互いに新鮮な気持ちで仕事に打ち込めています。
手探りでハマるポイントはなるべく共有し、すでにやったことは周りの
人に聞きながら少しずつ経験をためている状態です。
この繰り返しで成長し、成長を助けることも出来るのかなぁと
少しずつ思っています。

今回は AWS の Redshiftにあるデータを参照することになり、
便利なツールを利用したかったのでその方法です。

www.aginity.com

1. Aginity’s Workbench for Redshift の導入

  1. http://www.aginity.com/redshift/ よりダウンロードします。
  2. ダウンロードしようとすると各種登録が必要なので入力します。
  3. 64bit版か32Bit版をダウンロードします。
  4. ダウンロードしたファイルを実行しインストールします。
  5. 起動後ライセンスの確認表示です。一番上のFree Versionで進めました。
  6. 再度登録を行うと登録したメールアドレス宛にライセンスの連絡があります。
  7. ライセンスをコピー&ペーストしツール上でライセンス登録を完了させます。

2. Puttyでの設定

事前にPuttyにて以下の設定を行うことでNAT経由にできる。

f:id:ino-hiro1012:20160405121134p:plain

  1. SSHのトンネルにてフォワードするポートと、エンドポイントを指定します。
    1. (例)ポート:14000、
    2. (例)xxx.xxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.redshift.amazonaws.com:5439
  2. セッションにて保存を忘れずに行います。
  3. セッションの開くからコンソールを立ち上げておきます。

3. NAT経由でAWSのRedshiftに接続(Workbench設定)

Workbenchを起動し、設定を行います。
New Connection から新しい接続を行います。

Server localhost
User ID (ユーザ名)
Pass (パスワード)
Database (DB名)
Port 14000

上記の★の部分が重要な設定です。
サーバーは localhost、PortはPuttyにて指定したポートです。

f:id:ino-hiro1012:20160405121135p:plain

上記で接続可能です。
Workbenchの使い方は別の機会に記事します。